スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルク その5

さて。
前回の記事で紹介した看板に

「シュロス ミラベル」

と書かれております。
日本語にするとミラベル宮殿といったところでしょうか?



0S8A2886.jpg

ザルツブルクの締めくくりとして、ミラベル宮殿のお庭を散策するとしましょう。






0S8A2890.jpg

あちこちに綺麗な花が咲き乱れるこの庭園はみなの憩いの場。
おっちゃん、気持ち良さそ。



0S8A2900.jpg

向こうっ側にはホーエンザルツブルク城が。
スゴイ眺めです。



ところで。
今回ザルツブルクを歩くにあたって、同僚M氏はミュンヘンから彼女を呼び寄せて、一緒に回っておりました。



0S8A2896.jpg

そんなM氏の熱烈シーン(キャー

まるで映画のワンシーンのようでございます。



向こうの人たちは感情表現が実にストレートです。
そして相手の理解できないところはそのままにせずとことん話をする。
自分はそういう人付き合いが苦手なので憧れますねぇ、そーいうの。



0S8A2904.jpg

花の植え方も凝っております。
上から見下ろすとさぞ綺麗でしょうね。



0S8A2909.jpg

おこぼれにあやかるコたち。



0S8A2910_201610080135274c4.jpg

庭園の中はメルヘンチックなんですが、なぜか入り口は汗臭そう…

時々古代ヨーロッパ人のセンスに???となる時があります。
ま、そんなのもまた後で少しまとめてみるとしましょう。



そんなわけでザルツブルク編はこの辺で。
この他にもモーツァルトの生家とか暮らした家とか結構見て回ったんですけどね。
半日そこらでは到底見切れないのがザルツブルク。
見所満載です。

また今度、ゆっくり行ってみたいなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

いろいろ
ご来訪ありがとうございます

12/25 の独り言

つや姫うめぇ~
高いだけのことはある
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

困

Author:困
きのこ
ニャンコスキー

主の半分は妄想でできています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。