スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルク その4

0S8A2825.jpg

お山の上のお城。
ホーエンザルツブルク城塞。

何回もの増築を経て完成されたとても広いお城です。




 
まずは城内の見学。
ガイド機(ちゃんと日本語)を片手に、説明を聞きながらゆっくり回る一時間。

そんなわけで城内の写真は残っておりませんが、豪華な客室、素晴らしい調度品に年代物の独特の香り。
大満足のツアーでした。



0S8A2828.jpg

ひとしきり回って、旧市街を見下ろせるバルコニーへ。
時の権力者=大司教はこんな景色を眺めながらの暮らしだったのでしょうかね。



0S8A2829_20161007024228874.jpg

山並みも素晴らしい。



0S8A2842_201610070242291e4.jpg

こんな崖の並びに城が建てられています。
天然の砦ですね。



0S8A2858.jpg

真下を見てみると、記念撮影のおねーちゃん。

遠目からも日本人だとわかるポージング(笑
これが中国人が同じような格好で写真撮っていても、不思議と分かるんですよね。
面白い。



0S8A2866.jpg

城からの帰りはケーブルカーにて。
スゴイ急斜面であります。

ここは昔は兵糧や物資を荷揚げするのに使われていたようですね。
今では観光客という資源を運ぶ役割に変わったというわけです。

さすがの大司教たちもこんな未来は予想できなかったでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふむふむ。
時代変われど城を維持する為のケーブルカーって事ですか。
なんだかちょっと面白いですね。

見下ろす家並の色の統一感が素敵ですな!

ななしさま

こんばんは

そうですね、時代と共に形は変われど城を潤す大事な役割を担っているようです

城から見渡す風景はサイコーでした
これについては今も昔も変わらず、ってところでしょうか^^
いろいろ
ご来訪ありがとうございます

12/25 の独り言

つや姫うめぇ~
高いだけのことはある
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

困

Author:困
きのこ
ニャンコスキー

主の半分は妄想でできています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。