スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッサウ その1

ドイツからオーストリアへ向かう道中。
オーストリアとの国境の街パッサウへと立ち寄りました。





ヨーロッパを代表する2つの大河、ドナウとイン、そしてイルツ川という3つの川の合流点で栄えたバロック調の街。
歴史ある街並みを歩いてみました。





0S8A2396.jpg

街中を進んでいきます。



0S8A2397_20160829002738d8f.jpg

8/15はマリア被昇天祭という日でドイツ、オーストリアのほか欧州の多くの国が祝日のようです。
祝日らしいのんびりとした時間が流れています。



0S8A2403.jpg

しばらく歩くと目の前に姿を現した巨大な建物。
聖シュテファン大聖堂です。


0S8A2423_201608290027372bc.jpg

中に入って感じる空気は、静かなんだけどピンと張り詰めていて独特ですね。



0S8A2411.jpg

ここにあるパイプオルガンは世界最大のものだそうです。

中に入った時、ちょうどお祈りの時間でこのオルガンの生演奏を聴くことができました。
雰囲気に飲まれたところでこの音の波を受けたものだから、もう何とも言えない気分です。

感動とはこういうことを言うんでしょうね。



0S8A2424.jpg

ちゃんとした教会ってこれが初めてだったので、鳥肌が走りました。
だただたすごいとしか言葉が出ない。
表現力の乏しさを痛感したのでした。。。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヨーロッパの街並みってカラフルできれいだし
どこを撮っても画になりますね。

ほんと、素敵。
ずっとあちこちカメラを向けてしまいそうです。

「聖シュテファン大聖堂」
写真を見ただけでも凄さが伝わってきました。

この中に入るときっと異次元に来た感じになるのでしょうね。

昔むかしにこういう物を創っちゃうのですから驚きです。

葉月さん

こんばんは

そーなんですよ!
どこ撮っても画になるので・・・あっちゃこっちゃキョロキョロと挙動不審でした^^;

あの聖堂はすごかったです
細かいところまで作りこまれたものがあの規模で存在しているということ自体がもう!
職人たちのセンスと技術の結晶がそこにありましたよ
いろいろ
ご来訪ありがとうございます

12/25 の独り言

つや姫うめぇ~
高いだけのことはある
カレンダー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

困

Author:困
きのこ
ニャンコスキー

主の半分は妄想でできています

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。